FⅠ&FⅡニュース

【和歌山競輪F2ガールズ】初日レース後 準決勝12Rインタビュー

2024/02/19

 

1番車 安藤直希

「あの位置に入れて貰えなかったんで、もう行こうと思い仕掛けました。何着ですか?3着か…。風がキツかったのはあるけど、2着に残りたかったですね。久々のレースだったけど、これで刺激が入ったと思うので、明日以降良くなってくると思います。

準決もいつも通り自力勝負ですが、メンバーキツイですね。しかも1番車なんですか…。スタート遅いんですよね…。」

 

2番車 一ノ瀬匠

「だいぶ前が遠かったけど、何とか3着届いて良かったです。最近の好調の要因ですか?今の寒い時期だからとかはあんまり関係ないですね。支部長をやってるんですが、今は武雄の開催がないので気楽に練習が出来てるんです。たぶん、そのおかげですね(笑)。ここが終わったら忙しくなるので、今回がピークです(笑)。準決もやれる事を頑張ります。」

  

3番車 松下綾馬

「やりたい競走が出来たので良かったです。ただ、タイムが悪かったし最後タレてしまったので…。準決は何とか残れる様に頑張りたい。自力勝負。」

 

4番車 北浦弘幹

「最後はギリギリまで待ってから踏みました。脚は良さそうですね。ここは近畿3番手で。」

 

5番車 布居寛幸

「地元とは思えない様なキツい番組だったけど、何とか良かった。準決は安藤ですね。地元とか考えずに、まずは付いて行ける様に頑張ります。」

 

6番車 山口幸太郎

「堀川君がめちゃくちゃ強かった。全部併せてくれたけど、次から次へと併走で来られてたから、自分は全く余裕がなかったですよ。何とか3番手続けて良かったです。」

 

7番車 篠原龍馬

「前が併走になってたんで外を踏もうかとも考えたけど、内から栗田が抜けて行ったので、そのまま付いて行きました。3番手という立ち回りなんでね。そこは大事にしないと。あんまり時間はないんだけど、まあ徐々にですね。初連係の松下君へ」