グレードレース

【第39回読売新聞社杯 全日本選抜競輪】準決勝12R進出選手インタビュー

2024/02/10

 

1番車 郡司浩平

「初手は前が取れれば前からという作戦。突っ張るかどうするかは北井さんの判断にお任せしてました。北井さんが思った以上に落ち着いていて、自分の方がソワソワしてましたよ。

松浦君も自分たちが見えてから踏むと思ったし、それなら北井さんは力で行くんだろうなと。もう自分は必死に食らい付くだけでした。松浦君に身体を寄せられたのもあったし、(差すのは)厳しかったですね。初日は内に詰まって何も出来なかったし、ああいう事がなくせる様にしっかりと力を出し切れる様にしたい。松井君へ。」

 

2番車 南修二

「もう基本的には翔に任せてました。後は流れでという感じでしたね。ああいう展開になって、後ろも付いてくれてたし自分で仕掛けようと。3コーナーくらいでは行けるかなという感触はありましたね。状態は自分なりには良いと思います。古性君へ。」

 

3番車 犬伏湧也

「前を取ってそこからしっかりと新山さんと力勝負出来ればと思ってました。でも新山さんが来なくて、焦ってしまって…。後ろを見たけど、隊列が長かったし状況も分からなくて、併せる事が出来なかった。

小林さんと接触があって危なかったけど、ああいう展開なら中団はしっかりと確保しないと…。追い風でスピードが乗ってくれた感じでした。1着取れたし脚は悪くないけど、反省点が一杯あるので準決に繋げられる様にしたい。自力勝負。」

 

4番車 村上博幸

「大阪勢の後ろを固めます。」

 

5番車 佐藤慎太郎

「眞杉は自信を持って走ってたし、怪我の影響なんてないくらい強かった。自分も勝ち上がれた事が素直に嬉しいね。身体、自転車と何も換える所はないですよ。ここは犬伏君へ。」

 

6番車 佐々木悠葵

「せっかく雨谷さんが確保してくれたし、荒井さんの所は負けない様に死守しようと。今までも北井さんと対戦しているけど、レベルが違いましたね…。脚を使ってたけど、使ってなくてもすんなり3番手で付いて行けたかどうか…。北井さんとの脚の違いを感じます。単騎で何でもします。」

 

7番車 松井宏佑

「レース内容はそんなに良くなかったけど、ワンツーを決められてホッとしてます。サドル、ハンドル周り等全部いじったんですが一体感が出て、回した感じも初日より良かったですね。自力。」

 

8番車 和田健太郎

「苦しい…。以上です(笑)。もう宏佑が頼もしすぎますね。じじいには厳しくなってる。2着だけど、もっとしっかりと付いて行かないと…。自転車の修正?モーターを入れるしかない(笑)。神奈川勢の後ろで。」

 

9番車 古性優作

「作戦面は特になく、寺崎の後輪に集中してただけ。もがき合いを無理やり行ってくれました。ハプニングがあっても対応出来る感じで追走してました。昨日はタイミングがズレたというのもあるけど、シンプルに弱い。3連覇しようと思っても厳しいが、力を出し切って結果的に優勝出来れば。自力、自在に動く。」